名前: 水野 隆弥
フリガナ: ミズノ タカヤ
趣味: 読書
近況報告: 真山仁著「ハゲタカ」シリーズを、遅ればせながら読みました。
流行になったものは時期をずらして見ても、面白いものは本当に面白いですね。
仕事について: この仕事について7年目になりますが、生命保険・医療保険はその時々によって流行の新しい保障というのがよく出てきます。
数年前にはお客様はもちろん、僕達も思いもよらなかったことも保障されるようになりました。ただその中で、やはり変わらず必要とされる保障も多くあり、そこにお客様のニーズが(僕自身も保険に加入していますから、顧客の一人としても)あるように感じます。
ただ、そのニーズはたいていのお客様にとってはっきりしているわけではありません。

保険の見直したら、思った以上に保険料が上がってしまったというお話を、たびたび耳にします。
もちろん保障内容が、非常に良くなって満足されてる場合もあるでしょうが、本当のお客様のお気持ちはよくわからないまま保険料が上がって嫌だったということが実際だったりします。

僕は、手前みそでなんですが、いくつかの保険を組み合わせることで、保険料があまり変わらず、もしくは下げて見直しするのが得意だと思っています。

もちろん、ご年齢、ご健康状態で難しい場合もあり、必ずとはお約束できませんが、ぜひ一度試して見て下さい。もちろん、今お持ちの保険がご案内の内容よりも良いものでしたら、そのままをお勧めいたしますので。どうぞよろしくお願いします。
「保険はわからない」「保険はめんどくさい」と思われている方、たくさんいらっしゃると思います。
でも、実はそんなに難しくないこともあります。そう思われる原因の多くは、どういう場合に保険がおりるかわからないということです。内容がよくわからないのに毎月、保険料を払っていれば「損」を感じて当然です。
では、どうしたらいいでしょうか。 例えば、内容のシンプルなもの選ぶことはいかがでしょうか。 シンプルというのはご自身で保険証券などを見返したときに、ある程度内容が理解できるというのが判断基準になると、僕は思います。保険料を払われてる当人が、保障を把握しやすいこと。これは大事なことではないでしょうか。
今、保険は内容がシンプルで、以前に比べて保険料も下がっているもが多く出ています。
一度、ご加入の保険が、今のものと比べて良くなるか、ご確認なさってみてはいかかでしょうか。もし、今お持ちの保険が、最新型よりも条件が良いと思えれば、今以上にお持ちの保険にご安心いただけるのではないでしょうか。ただ、もし新しい保険に価値を感じたら、お見直しの時期が来ているはずです。いつでも、いつまでも、保険は条件を選べるわけではありませんので、ぜひ機会を捉えてください。